自己処理のメジャーな方法

自分で行う脱毛方法は大きく分けて「抜く」、「剃る」、「溶かす」、「色を抜く」という4つに分類することができますね。
自宅で行うようなこういったケアはとても簡単で手早く、そして安価に行える脱毛方法である半面、頻繁に繰り返す必要があるため肌への負荷は大きくなってしまいます。

多くの方が自己処理後の肌荒れ、傷、炎症、などトラブルを経験しているのでは?
比較的メジャーな自己脱毛方法のメリットとデメリットを見てみましょう。

まずは毛抜きや電気脱毛機を使用した抜毛ですが、メリットとしては毛根から引き抜いてしまうので、表面に毛が見えない状態となり脱毛効果も長持ちするということ。
デメリットは痛みが大きいことと、毛穴の広がりや雑菌が入ることによる炎症、といったトラブルに繋がりやすいということです。

次にカミソリや電気シェーバーなどで行う剃毛。
メリットはどの部位にも使用できて手軽であること、そしてデメリットは表面に見えている部分だけを切るだけの方法なので処理は短いスパンで行う必要があるということ。
また、色素沈着や凸凹肌などのトラブルも起こりやすくなっています。

最後にクリームやムースを利用した溶解ですが、メリットは比較的痛みが少なく、仕上がりも自然になるということ。
デメリットは化学薬品によって毛を分解するということで、肌への負担が大きいことです。
処理に時間がかかる割に効果が長持ちしない、というのも痛いところかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセス解析

このページの先頭へ