ワキ脱毛のデメリットとは

脇脱毛のデメリットといえば、痛いところと、何度も通わなければならないことですね。

痛みは人によって様々ですが、最初のうちは毛の量が多いので痛みを感じやすいそうです。
輪ゴムではじかれたような痛みといいますが、実際にはもう少し痛みが伴うようです。
ただ、通い続けていくうちに毛の量が減るので、それに伴って痛みも減少していきます。

痛いのが怖いという方は、サロンではなくクリニックで表面麻酔をつかってもらって施術してもらうといいでしょう。
痛みなく施術することができます。

また、ハイパースキン法という新しい痛みをまったく感じることがない脱毛方法もあるので、そちらを検討してみてもいいかもしれません。
また、回数通わなければならないのは、しっかり毛の量を減らすためには仕方ないのですが、少し面倒ですよね。
でも自宅で自己処理での除毛は肌を痛めるので、しっかり通って綺麗なつるつるのお肌になると思えば、苦ではないかもしれません。

実際月に何度も通うわけではなく、1ヶ月に1回程度なので、その後も2ヶ月おいてまた施術になったり、頻繁に通うわけではないので、忘れないよう通えばいいかな程度に気軽に思ったほうが楽だと思います。

その他にデメリットといえば、肌トラブルになってしまうかもしれないというところでしょうか。
実際に肌にレーザーをあてるので、肌がピリピリと熱をもってしまったり、ヤケドなどをしてしまうこともあるかもしれません。

そういうことが気になる方は、カウンセリングをしっかり受けて、大丈夫なことを確認してから施術してもらいましょう。

またクリニックでは、皮膚科も連動しているので、正しい治療をしてもらうことができます。
肌トラブルに合ってしまったときも安心ですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセス解析

このページの先頭へ