敏感な部分のお手入れ

ムダ毛処理で困るのは敏感な部分の処理ですよね。
粘膜の近くだったり、顔部分だったりカミソリや除毛クリームなどではなかなか処理が大変な部分でもあります。
そういうときは、シェーバーを使って処理をしましょう。

顔には顔ぞり用のシェーバーがあります。
安全に剃れるので、おすすめです。
とくに顔の産毛は処理すると顔色がワントーン明るくなるので、処理しておいて損はありません。
頬の下や、あごに産毛が生えやすいので注意して剃りましょう。

VIOラインの処理には熱線で処理するシェーバーがおすすめです。
毛先が丸くなるのでチクチクすることなく、下着からはみ出さないようになります。
全体的に毛量を薄くしたいだけならシェーバーで充分です。

もし、全部VIOライン全部綺麗にしてしまいたい場合はサロンにいきましょう。
粘膜に近い部分は照射がむずかしいので、なかなかうまくいかない場合は、ワックス脱毛も考えましょう。

ワックス脱毛ならサロンに行ったその日に綺麗になるのでおすすめです。
2~3週間程度生えずにつるつるでいられますが、やはり生えてきてしまうのが難点ですね。
粘膜近くの毛は処理が本当に難しいです。
しかしくれぐれも間違った処理をしないようにしないとトラブルの元になってしまうので気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセス解析

このページの先頭へ