脇脱毛の痛みについて

脇脱毛をするとき、大体の方がはじめての施術ですよね。
そこで気になるのは施術時の痛みについてです。
まったく痛くないとはいえないのが現状です。
脇の毛は結構太いので光やレーザーが反応したときに痛みがでます。
しかし持続して痛いわけではなく一瞬なので、そこまで我慢する必要もありません。
また一度の施術で両脇はだいたい3分から5分程度で終わってしまうので、少し我慢すれば終わるよといったところでしょうか。

それでもやっぱり痛みが怖い!という方は医療脱毛できるクリニックをさがして、表面麻酔をしてもらってから脱毛するとよいでしょう。
麻酔が効いてしまえば痛くありません。

また、新しい方式の脱毛器は傷みが抑えられていて、子供でも施術できる施設があります。
そこでは痛みをまったく感じることなく施術が終わります。
そういうところを選んでみてもいいですね。

脇脱毛をするときに痛みの程度は輪ゴムでパチンとはじかれた程度といいますが、人によって毛の量や毛の太さなどが違いますから、まったく痛くなかった人とすごく痛みを感じた人がでます。
太い毛の方はやはり痛みやすいということです。
でも脇が綺麗になれば、また他の部分にチャレンジすることもできますね。

ノースリーブの服だってへっちゃらですし、半そででも自信をもって手を上に上げられます。
ドレスだって着れますね。
自己処理で一番面倒なのが脇ですから、この際サロンで綺麗にしてもらって自己処理の手間から開放されましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセス解析

このページの先頭へ