脱毛周期について考えてみよう

人間の体に生えてくる毛には場所によって種類が違っていて、性毛と無性毛とよばれるものがあるそうです。

性毛は思春期頃に生えてくる毛で脇毛や陰毛、男性で言うと鬚だったり胸毛だったりの縮れた毛。
無性毛は性ホルモンの影響は関係なく生えている、髪の毛やまゆ毛、手足の毛です。

この二つの毛では毛周期という毛の生えかわる期間が違うため、脱毛サロンでの脱毛期間もかわってくるようです。

周期を比べてみると、性毛は最短でも1年ほど、無性毛とよばれる毛のほうが周期2~数か月とはやいそう。
そのため光脱毛による処置もベストな期間が違うようで無性毛のほうが早く終わるみたいです。

効率的に脱毛を行うには毎回セットで行うのではなく無性毛と性毛とは分けて、または性毛のほうが周期が遅いため手足と脇を行うならば手足2回うけるのに脇は1回というペースだと効率的にまた低コストで脱毛を行えるそうです。

そんなこととは知らずに私は脇は無制限のプランだったため毎回一緒に受けていました。
脇毛が一番太かった私は目に見えて毛が細くなっていくのを感じられたので、特に気になることはありませんでした。

でもたしかに腕や足の毛のほうが産毛になるスピードは速かったかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセス解析

このページの先頭へ