自己処理でのトラブル

自己処理でのトラブルの中にどんなものがあるかちょっと調べてみました。

まずは“毛膿炎”と呼ばれるもの。
こちらは傷口からブドウ球菌が入ったため起こる炎症ですね。
不衛生な環境でカミソリや毛抜きを使って体毛を剃ると起こりやすいそうです。
雑菌が多いお風呂場での自己処理は本当に気をつけた方が良いですね!

この毛膿炎、見た目は赤いプツプツとした赤い湿疹のようなものです。
小さな赤ニキビと似ています。
かゆみや痛みはあまりないそうですが、重症化すると化膿してしまうことも。
また跡が残りやすい人なんかは黒ずみと繋がることもあるので要注意。

次に良く聞く “埋没毛”。ムダ毛の発毛サイクルより皮膚の再生が早いと皮膚の中で発毛してしまい、埋没毛になってしまうそうです。
毛抜きで抜いた時に毛根がそのまま残ってしまったときに起こることが多いそう。

こちらは毛が伸びきるまで放っておいたらそのまま排泄されるのですが、まれに炎症を起こすこともあり、また結構目立ちます。
気になって皮膚をほじって抜いてしまい、そこからばい菌が入って炎症になることもありますので、気をつけた方がよいですね。

自己処理を行うということはこういうリスクとも隣合わせということになります。

ムダ毛の自己処理は、気軽に出来る反面、肌リスクが常につきまといます。
また、ムダ毛はなくなりますが、肌荒れや色素沈着を起こしてしまったり・・・

ムダ毛がなくても、人に見せられないような肌では意味が無いですよね。

最近は、脱毛サロンも気軽に通えるようになりました。
迷っているなら、早く脱毛を始めることをおすすめしたいです。

脱毛サロン選びに迷ったら、ランキングや口コミを参考にしてみてくださいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセス解析

このページの先頭へ